スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸気上がる

蒸気上がる
闇の中に浮かび上がる蒸気機関車のシルエットが印象的でした。
蒸気機関車のこのフォルムが好きです。
見とれているとドレインが舞い上がりました。

大井川鐵道
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

もう一つの終着駅

もう一つの終着駅
東海道本線は東京駅から神戸駅までを結んでいます。
ところがここに東海道本線の終着駅がもう一つ存在します。
通称「美濃赤坂線」と呼ばれる大垣駅から美濃赤坂駅を結ぶ支線が存在します。
その美濃赤坂駅が東海道本線の終着駅なんです。
その「美濃赤坂駅」はローカル支線の終着駅の趣が漂います。
小さな中山道の宿場町「赤坂宿」への最寄り駅です。
駅舎はありますが無人駅ですが貨物用ホームもあり、以前の繁栄ぶりが伺えます。
機回し線が未だに残っていて、蒸気機関車時代も思い起こさせてくれます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

ホキ(西濃鉄道2)

西濃鉄道2
小さなディーゼル機関車がたくさんの貨車を引っ張っていきます。
この貨車は「ホキ」といいます。
こんなに引っ張っていけるなんて、小さいけれどもすごいパワーです。
民家の軒先をかすめるように走っていきます。
近隣の家は排気ガスがすごそうです。
以前はこの路線、蒸気機関車が走っていたそうですから大変だったんでしょうね。

ところでこの列車の目的地は「乙女坂駅」といいます。
かわいい名前でしょう。
でもその駅のまわりは、石灰石や大理石を採掘する工場しかないんです。
というか、工場の中に駅があると言った方が正しいです。

西濃鉄道:美濃赤坂~乙女坂

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

西濃鉄道

西濃鉄道1
岐阜県大垣市に小さな小さな鉄道があります。
貨物専用鉄道で西濃鉄道です。
以前は旅客輸送も行っていたようです。
路線も徐々に廃止されていき、現在ではわずか1.3kmの一駅区間のみとなっています。
運行も1日に2往復、臨時でもう1往復走る時があります。
運行時間も公開されていないため、よくわからないまま偶然を期待して出かけてみました。
なんとか運行を見ることができました。
この車両は「DD40 3」というディーゼル機関車です。
とても小さな機関車でした。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

ラッシュアワー

ラッシュアワー
朝のラッシュアワーの時間です。
発車案内板の次の列車の時間でわかります。
こんなに駅員さんがのんびりしている駅もめずらしいのではないでしょうか。

名寄駅
OLYMPUS OM-2

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

雨降る夜

雨降る夜
設計の古い単焦点レンズを試してみました。
やっぱりゴーストがすごいですね。
このゴーストをいかに味方につけるかが今後の課題です。
それでも雨が降る夜の雰囲気が写ったように思えました。
枯れたススキの向こうを快速電車が猛スピードで走ってきました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

投炭

投炭1
発車の準備が始まっていました。
停車している機関車の運転席を覗いてみると、機関士さんが釜の中へ石炭を次々と投げ込んでいました。
機関士さんたちの仕事は走行している時だけではありません。
火力を落としてしますと走行することができませんから、停車している時も忙しく仕事をしていました。
こういう目に見えないところの仕事にお疲れさま、ありがとうと思っています。
こういう努力があるから、乗車することや撮影することができるんですからね。

続きを読む »

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

クロスヘッド

クロスヘッド
蒸気機関車ではピストン運動を回転運動にかえるために重要な役割を果たしているクロスヘッド。
前後に動いているのですが、走行している機関車と微妙に動きが違うんです。
クロスヘッドにシンクロさせると、汽車は止まりません。
ギラリと輝く汽車と鉄橋がまぶしいです。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

入換え作業

入換え作業
一日の運行が終わって機関庫に汽車が帰ってきました。
本線から機関庫に入るまでには、線路を行ったり来たりを繰り返します。
この入れ替え作業は、蒸気機関車が何回も見られて幸せな時です。
ナイトトレインの運行日のこの日は、真っ暗な中での作業でした。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

入線

入線
ナイトトレインを牽引する蒸気機関車が入線してきました。
あたりはすっかり暗くなってから、待ちに待った機関車がやってきました。
これから始まる夜の旅に期待が膨らみます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

SL北びわこ

2月に出かけた北陸本線の「SL北びわこ号」の写真をアップいたしました。
諸事情で今回は1日しか出かけられませんでしたが、湖西線からの迂回運転もあり楽しめました。
お時間が許します時にでもご覧いただけると幸いです。
プロフィールのHP「STUDIO K-train」の「Paysage Ferroviarre」でご覧いただけます。
ご感想などもお寄せいただけるとうれしいです。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

夕暮れ

夕暮れ
こんな時間帯の空を見上げることが好きです。
日が沈みオレンジの空が深い青色に変わっていく時の空です。
走り行く電車からこぼれる明りが家路を急がせます。
それでも空を見上げたくてこの場所にきてしまいました。
暗くなった空を見上げると宵の明星が輝いていました。

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

落ち葉道

落ち葉道
公園の脇にある散歩道に落ち葉が敷き詰められていました。
いつもは歩いても静かでしたが、この日はカサカサと歩くたびに音がしました。
そんな音がする足もとに目を向けてみました。
落ち葉が夕日に照らされて輝いていました。

使用カメラ:Hasselblad 500C/M :Sonnar 4/120 Macro T* CF
使用フィルム:Velvia 100

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

茶畑の向こうを

茶畑の向こうを
日が傾きはじめ、影が長くなりました。
茶畑が山の陰に入り暗くなりました。
茶畑が影になったとき、蒸気機関車がやってきました。
汽車の走るところは日が当たっていました。
温暖な気候の静岡でもこの時期はまだ日が傾いてくると肌寒さを感じます。
日が当たっている汽車はどんな気温を感じたのでしょう。

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

バック走行

バック走行
大井川鐵道には、蒸気機関車の向きを変えるターンテーブルが千頭駅にしかありません。
そのため帰りの列車は後ろ向きに走ります。
現役時代は時々見かけましたが、今はほとんど見かけません。
タンク車の場合はバック走行の方が機関士さんにとっては視界の確保ができて運転しやすそうです。
旧型客車牽引というのもいいですね。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

停車時間

停車時間
ローカルな単線では、対向列車とすれ違うために駅で列車を待つことがあります。
蒸気機関車は停車していても、石炭をたいて釜の中の温度を保ちます。
機関士さんたちは大忙しです。
そんな汽車を空の上から、お月さまが見つめていました。

大井川鐵道

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

闇に操る

闇に操る
蒸気機関車の運転はとても大変だと思います。
こんな闇の中で操縦するのは特にむずかしいのではないでしょうか。
機関士が身を乗り出して前方の安全を確認しながら先を急ぎます。
真っ暗な中を驀進してきた機関車を街灯が照らし出していました。
まさしくスポットライトを浴びたスターです。

大井川鐵道

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

発車前

発車前
日も暮れた駅にいつもの時間にはいない蒸気機関車が停車していました。
発車までにはまだ時間がありますが、発車のために火が入っています。
煙や蒸気を出しながら体調を整えるあたりが生き物のようです。
電車と違って、止まっていてもいろいろと撮影したくなります。

大井川鐵道:千頭駅

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

ビニールハウス

ビニールハウス
ここは気候の穏やかな地域です。
ビニールハウスでイチゴ栽培が行われています。
イチゴ狩り、イチゴ食べ放題などの看板があちこちで見られます。
道を走っていると、ところどころにしかビニールハウスがないように思えます。
でも山の上から見てみると所狭しと、ビニールハウスが建っていました。
太平洋の色がとても印象的でした。

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

靄る朝

靄る朝
とても寒い日の朝、ローカル線沿線に出かけました。
霜が降りてうっすらと白い景色でした。
夜が明ける前からこの列車がやって来るのを待っていました。
何故って、タラコ色だから。。。
朝日に赤く照らされた靄が広がります。
靄が少しだけうすくなった時に、タラコ色の列車がやってきました。
こんな枯野の色によく似合います。

磐越西線
使用カメラ:Hasselblad 500C/M レンズ:Sonnar 4/150 T* C
使用フィルム:Velvia 100

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

菜の花色

菜の花色
暖冬とはいうものの、冷たい風が吹く日が続くと暖かい春が待ち遠しくなります。
雪の降る景色は好きなんですが、冷たい風が吹くだけで雪が降らない景色は私的にはちょっと。。。
待ち遠しい春には、白、赤、ピンク、黄色、などなどのキレイな花がたくさん咲きます。
この花たちも待ち遠しくなります。
早春の景色を探しに黄色い花を探してみました。
菜の花が春らしい日差しの中で、たくさん咲いていました。

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

煙を吐きながら

煙を吐きながら
駅の発車ではたくさんの煙が出ます。
しばらくすると煙が少なくなるのですが、この場所はしばらくするとまた煙を出しはじめます。
駅を発車してしばらくすると上り坂があるためです。
坂を登るための力を出すため、たくさんの石炭をたいて煙を出します。
たっぷりの煙を残して走り去っていきます。

北陸本線

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

龍のごとく

龍のごとく
冬だというのに雪がない景色の中を蒸気機関車が発車していきます。
雪がなくて白い景色が見られないからでしょうか、汽車がたくさんの白煙を吐きながらの発車です。
その煙が龍のごとく空に舞う姿が素敵でした。

北陸本線

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

白煙

白煙
厚い雲の切れ間からほんの一瞬、伊吹山が見えました。
前々日の雨で雪がほとんど溶けていました。
そんな伊吹山を横目に、空の雲に負けないように白煙を上げて蒸気機関車が走ってきます。
汽車のシルエットが印象に残りました。

北陸本線・長浜~虎姫

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

国鉄時代(?)

JNR(?)
EF65牽引の客レと国鉄色485系のすれ違いです。
カメラを向けていて一瞬「国鉄時代」と錯覚してしまいそうでした。
車両の横に入る「JR」のロゴがかろうじて「JNR時代」ではないことがわかります。

実は、
SL北びわこの回送と迂回運転の特急「雷鳥」のすれ違いです。
こんなめずらしいモノを見ることができて、ラッキーなのでしょうか?

北陸本線・木ノ本~高月

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

枯野

枯野
冬真っ盛りの北風がとても冷たく吹く日でした。
あたり一面茶色の世界です。
枯れたススキが風に煽られていました。
そんなススキの群生の向こうを静かに汽車が走り去ってきます。

う~ん、煙が~~。

北陸本線

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

新旧の人気者

新旧の人気者
とても風が強い日でした。
湖西線が強風のため特急列車は北陸本線経由で運行していました。
そのためこんなめずらしいすれ違いを見ることができました。
SL北びわことトワイライトエクスプレスのすれ違いです。
蒸気機関車との記念撮影をしていた人々もトワイライトエクスプレスが通過する時にはカメラの向きをかえて撮影していました。
昭和生まれと平成生まれの人気者のニアミスに思わず微笑んでしまいました。

北陸本線・木ノ本駅

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

接近撮影

サイドビュー
今年初めての煙撮影。
やっと禁断症状が消えました~。
「北びわこ」の撮影はいつも思うのですが、非常にむずかしいです。
ほとんど直線の路線、全線逆行状態、起伏の少ない地形、走行距離が短い。
が、考えられるところでしょうか。

となると、接近戦の撮影がお手軽ということです。
駅を発車してしばらくすると、煙も少なくなります。
発車でパワーを使いますから、このあたりで投炭を始めます。

北陸本線

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

駅前通り

駅前通り
日が暮れて辺りが暗くなり、町に灯がともります。
駅前に出てみると、ちょっと違った雰囲気でした。
ここは路面電車が走っている町です。
道路の中央で輝くレールが、懐かしい気持ちにさせてくれました。

豊橋鉄道:市内線

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

プロフィール

locokenken

Author:locokenken
蒸気機関車が好き
ローカル線が好き
写真が好きです。
鉄道沿線で見かけたら、
一声かけてくださいね。

フィルムも使用しています。
カテゴリーは
「Square Club」
「モノクロ」
「ハーフカメラ」
です。

HP:
STUDIO K-train

ブログランキング
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。