赤い手袋

赤い手袋
蒸気機関車のキャブの中は非常に暑くなります。
火室に石炭を入れるために焚口戸を開くと、キャブの中は燃えさかる石炭の赤色に染まります。
機関士さんたちの頑張りで我々は撮影ができるわけですから、通り過ぎる時にはいつもご苦労様と心の中で声をかけています。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タブレット交換

タブレット交換
朝の始発列車です。
ローカルな路線では列車の本数が少ないですから、始発でも隣町に通う高校生で満員状態です。
この列車に乗り遅れると次は授業が始まった後にしか列車はやってきませんからね。
駅員と乗務員が一言二言言葉を交わしながら、タブレットを交換する光景も見られるところが少なくなりましたね。
とても懐かしくて、ず~っと見つめていました。
この駅を利用している高校生たちは毎日どんな気持ちでこの光景を見ているのでしょう。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

鉄橋を行く

第一橋梁
春とは思えないとても暑い日でした。
昼下がりの日差しがあたりを霞ませます。
山を登り振り返ってみると、とてもすばらしい景色が広がっていました。
しばし素敵な景色に見とれていたら、蒸気機関車が走ってきました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

Caplio GX100

久しぶりに家の用事を片づけなければならなくて、家であれこれやっていました。
そんな時に携帯が鳴りました。
誰かなと見てみると、いきつけのカメラ屋さんです。
電話機の向こうから、「先日話をしていたブツが入りましたよ、見に来てください。」だって...
いやぁ~な予感がしながらも、家の用事を済ませてカメラ屋さんに車を走らせます。
店に入るや否や出てきたものは、Caplio GX100とワイドコンバージョンレンズでした。
ほっ、ハッセルの交換レンズじゃなくてよかった~。。。
って、よくない。またお小遣いが.....
悩んだ揚げ句、お手軽真四角デジタルということで、結局買って帰ってきました~(^_^;)

試し撮りに何を撮影しようかといろいろ考えたのですが、久しぶりにわが家の生意気な飼い猫を撮影することにしました。

飼い猫1
とりあえず全身のカットを。
年はとってきましたが、なかなか精かんな顔立ちでしょう?

続きを読む »

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル : 写真

緑に燃える木々

緑に燃える木々
山あいの道路を進んでいきました。
いつの間にか目の前には山が迫っていて視界が確保できません。
周囲を見渡してみても新緑に染まる緑の景色です。
森林浴という言葉が浮かんできました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

ネコの散歩道

ネコの散歩道
駅で列車を待っている時でした。
駅の向こうの踏切をぼんやりとながめていたら、ネコが朝の散歩にやってきました。
このあとレールの上を踏切の近くまで歩いてきてから、線路を渡って茂みの中に入っていきました。
列車がめったにこないローカル線では、こんなほのぼのとした光景が見られるのも魅力の一つです。

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

新着情報

GWに出かけてきた、磐越西線の続編「夜編」をアップいたしました。
いつも似たような写真ばかりになってしまい、新しい何かをプラスしなければいけないなぁと反省しております。
お時間が許します時にでもご覧ください。
お友達リンクの「STUDIO K-Train」からご覧いただけます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

新緑の中を

新緑の中を
山深いローカルな路線は緑に囲まれた中を進んでいきます。
ちょうどこの季節は新緑のきれいな色に太陽の光も染まり、空気がとてもおいしいです。
そんなことを察してか汽車もちょっとだけしか煙を出さずに走っていきます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

花咲く畔

花咲く畔
のどかな景色の朝でした。
車を降りてブラブラと歩いてみました。
田植えの終わった田んぼの畔に小さな小さな花が咲いていました。
白やピンクのヒメジオンに見とれていると、のんびりと小さな汽車が走ってきました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

新緑に染まる

新緑に染まる
とてもよいお天気で、汗ばむぐらいの陽気です。
季節も初夏に向かう緑がまぶしい頃です。
いつものように山が緑に染まり、川面も緑に反射しています。
日常と違うのは蒸気機関車が走ってきたことです。
このまま蒸気機関車が日常になればと思ってしまいます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

代満の頃

代満の頃
遠征から帰ってまいりました。
久しぶりにですが、まだそんなに出かけたことがない路線でした。
桐の花も咲いていて、こちらとは季節がかなり違うなぁとい感想です。
とても良いお天気で気温も高かったので、煙は無理かなと思っていたのですが、結構たくさん出ていました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タブレットキャッチャー

タブレットキャッチャー
最後に車両に付いている「タブレットキャッチャー」です。
「♭」のような形のところにタブレットをぶら下げて通過します。
その時に「タブレット受器」に引っ掛かってタブレットが落とされます。
そのまま走行して「タブレット授器」に取り付けてあるタブレットを引っかけてキャッチします。

高山線で私が子供の頃乗車した急行列車では、タブレットキャッチャーがついていなくて運転助手の方が駅員さんの腕に直接ひっかけ、別の駅員さんがもっているタブレットを腕に引っかけてとる光景をよく見ていたものです。

ちょっと遠征に出かけます。
今ごろはどの辺りを走っていることでしょう。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

タブレット受器

タブレット
昨日の「これな~んだ」の答です。
通過列車のタブレット交換に使用する「タブレット受器」でした~。
通過する急行列車が止まらずにここにタブレットを投げ込みます。
ですから、当然ですが「タブレット授器」もあります。
タブレットを投げ込んだ後に、タブレット授器に取り付けてあるタブレットを取って列車はそのまま走り去るのです。
この後駅員の方が停車していた反対方向の列車にタブレットを渡し発車していきます。
このほかに列車側に「タブレットキャッチャー」といわれる装置が取り付けられていて、これにタブレットを取り付けておいて「受器」に引っかけ、「授器」からキャッチできるようになっている車両もありました。
この写真の車両は引っかける機能がない、キャッチするだけのモノのようですね。
タブレットを付けておいて「受器」に引っかけるタイプは、北海道の車両に多く取り付けられていた記憶というか、北海道でしか見た記憶がありません。
寒さをしのぐために考え出されたのでしょうか。

一回の通過では、どちらかしか一方しか撮影できないために「タブレット授器」の写真はありません。
お見せできなくて申し訳ないです。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

これな~んだ

これな~んだ
これ見たことありますか?
見たことある人は何に使うものかわかりますか。
わかる人は年がばれますよ~。
当時はふつうに置いてあるところが結構あったんですよね。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

踏切模様

踏切とパノラマ
日が西に傾く頃、家路を急ぐ人たちをよく見かけます。
パノラマカーが通りすぎた後の踏切を気にもせず渡っていく人。
パノラマカーファンとしてはちょっとさみしい思いが.....
これがパノラマカー全盛時の日常なら構わないのですが。
そう思うのは私だけでしょうか。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

重連激走!

重連流し
パノラマカーの全廃がアナウンスされてから、沿線で撮影している人たちをよく見かけるようになりました。
定番で押さえておきたいとは思うものの、へそ曲がりな私。。。。
撮影ポイントに出かけた時に他の人がカメラを構えていると、撮影する気力が半減してしまいます。
あまり人がやらないアングルなどを考えてしまいます。
流し撮りも撮影する人が最近は多くみえますからどうしたものか。。。。
ズーム流しならあまりする人がいないのかな?
でも、運用の少ないパノラマカー重連、やっぱりオーソドックスに押さえておくべきだったかな?

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

夕日の中を

夕日に向かう
気候の移り変わりははやいですね。
このところ暖かいというよりも暑い日が続きます。
夕方空が赤く染まらないかと期待するのですが、きれいに染まることが少なくなってきました。
日が沈む直前にほんのりと赤くなった日が差しました。
夕焼けの雰囲気になったなと思っていたら、列車がやってきました。
目的地に向かってものすごいスピードで走ってきました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

新着情報

GWに久しぶりに山口線に出かけてきました。
真夏のようなお天気でしたが黒煙もくもくでした。
お時間が許します時にでもご覧ください。
お友達リンクの「STUDIO K-Train」からご覧いただけます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

旅立ちの朝

旅立ちの朝
私がよく旅に出かけていた頃は、朝よりも夜、つまり夜行列車で出かけることが多かったです。
また、夜行列車を宿代わりにして移動したものです。
車で出かけるようになった今でも夜中に出かけて、朝には目的地に着くことが多いです。
昨今の鉄道事情を考えてみると、
夜行列車、寝台列車が激減しています。
朝一番の新幹線で目的地に向かう家族連れが多いですね。
かくいう私も......

このN700系、いかにもスピードが出そうな形をしています。
朝日に染まり、手すりの影が落ちているところが今風の旅情でしょうか。
車内も快適でした。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

笛ベル(5室ベル)

笛ベル
汽笛を鳴らすための装置全体は「笛吹鳴装置」といいます。
汽笛は
出発時や走行時の警告
重連運転時の機関車間の連絡
などに、使用されます。

この写真の「笛ベル(5室ベル)」は
中が五つの室に仕切られているため「五室ベル」と呼ばれています。
五つの室は長さや容積をそれぞれに変えることにより、蒸気が通る時の振動数を変え、それぞれを共鳴させることにより汽笛特有のボォーという音になります。

一度聞くと忘れられない、特に現役時代を知っている人にとっては懐かしさを覚える汽笛の音だと思います。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

新着情報

5月も半ばになり暖かい日が続いています。
やっと4月初めに出かけた時のサクラの写真をアップいたしました。
お時間がございましたら、ぜひご覧ください。
プロフィールのHP「STUDIO K-train」からご覧いただけます。

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

ネコの見張り番

ネコ1
小さな町のローカル線。
線路脇にはきれいに桜の花が咲いていました。
そんなきれいな桜の花の下にねこちゃんがたたずんでいました。
踏切を通らず線路の中を歩く人たちを見張っています。
線路の脇でじーっと見張りをしています。

続きを読む »

テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

通過列車

通過列車
夜も遅くなって利用客がいないホームを列車が通過していきます。
誰もホームにいなくても安全を守るため、駅員の方はホームに立ちます。
こんな地道な努力によって我々の安全は守られていたのです。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

東と西

北の門デフ
東の蒸気機関車「C57 180」・・・門デフ&ノーヘッドマーク
ヘッドマークなしで走行するシーンは現役時代を彷彿とさせる姿です。

続きを読む »

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

桃の横を

桃の輝き
大きな鉄橋の脇に大きな桃の木が花をつけていました。
傾きかけたお日さまに照らされて輝いていました。
きれいだなぁと見上げていたら、列車が走り抜けていきました。
列車からはどのように見えたのでしょうか。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

リベンジ

チューリップ1
昨年一日遅れで撮り逃したチューリップ畑。
今年は必ずリベンジをということで真っ先に出向きました。
花摘みの真っ最中でした。
この日を逃すとまた来年という危機一髪間に合った撮影です。
きれいなチューリップも素敵ですが、春の空も素敵でした。

続きを読む »

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

深緑へ

藤の花
花が散り、深い緑の葉桜になりました。
やっと順番が来たという感じで、
待っていたかのように藤の花が一斉に咲き誇りました。
いつもきれいな花を横目に軽快にレールバスは走っていきます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

新着情報

恒例になりつつある磐越西線に出かけてきました。
毎年とはタイミングが微妙に違い少し違う景色を見ることができました。
お友達リンクの「STUDIO K-Train」からご覧いただけます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

青空を行く

鉄橋
鉄橋の脇に1本の桃の木が花をつけていました。
最後の力を振り絞り、時折吹く風に煽られながらも力強く咲いていました。
青く澄んだ空も春らしく気持ち良くさせてくれました。
そんな春を感じていたら蒸気機関車がやって来ました。
駅まであと少し、がんばれ~。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

汽笛

汽笛
たくさんの人たちが蒸気機関車を見に来ていました。
汽笛とともに動きだしたら、その大きさにビックリしたのかずーっと耳を塞いでいました。
「素敵な汽笛が聞こえないよ」と心の中で囁いてあげました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

プロフィール

locokenken

Author:locokenken
蒸気機関車が好き
ローカル線が好き
写真が好きです。
鉄道沿線で見かけたら、
一声かけてくださいね。

フィルムも使用しています。
カテゴリーは
「Square Club」
「モノクロ」
「ハーフカメラ」
です。

HP:
STUDIO K-train

ブログランキング
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー